【耳の病気.com】〜外耳炎(外耳道炎)〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは耳の痛みが主な症状の耳の病気、外耳炎(外耳道炎)について詳しく説明していきます。

外耳炎は外耳の外耳道に炎症を起こしている状態を言います。
外耳とは、耳の器官を外耳・中耳・内耳の3つに区分した時の外耳の部分で、耳介と外耳道の総称です。

外耳道が炎症を起こす原因は、急性中耳炎と同様に細菌やウイルスに感染して起こることがありますが、大半が耳掻き行為によって自分で自分を傷付ける自傷行為によって起こるものです。専用の耳掻き棒や綿棒、または爪によって外耳道を掻きすぎてしまうと傷が付き、その傷が元で感染したり、その傷が痒くなってまた掻くことでやがて炎症が起こります。

外耳炎の主な症状は、耳痛・耳の痒みです。時にそれは激しい痛みや痒みを伴うこともあるほどです。また症状が進行して化膿してくると、黄色や白っぽい色をした耳垂れや出血も見られることもあります。症状が重度になると炎症が広がり激しい痛みと共に、腫れも広がり難聴を来たすこともあります。

外耳炎の厄介な所は、自身の耳掃除が自傷行為と知らずに続けられてしまうことです。原因のほとんどが耳の掻きすぎによるものですから、むやみやたらに耳を掻く行為は完全に外耳炎を誘発する行為となってしまいます。さらに初期症状として痒みがあり、これがさらなる自傷行為を生み炎症を広げてしまいます。痛みや痒みがかなり強くなって来たところで初めて耳鼻科へ向かわれるという方も多く、初診時には既に症状がかなり進行しているということも少なくないのが現状です。


⇒ 外耳道真菌症

⇒ 外耳道異物

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved