【耳の病気.com】〜感音性難聴〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは難聴が主な症状の耳の病気、感音性難聴について詳しく説明しています。

私たちが音を感じる仕組みは、まず耳介で音波を集め、外耳道で拾った音波を収束し中耳へと伝えます。集められた音波は鼓膜を振動させ、その振動は3つの耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)によって内耳へと送られます。

耳は外耳・中耳・内耳の3つに分けられ、内耳より先は神経部分です。このうち外耳と中耳は音を伝える役割なので伝音器、内耳と神経部分は音を感じる役割なので感音器と呼ばれ区別されます。

感音性難聴とは、中耳より以降の内耳や神経部分、すなわち感音器において障害が発生し、拾った音を感じることが出来ずに難聴を来たしている状態を言います。
従って感音性難聴を来たす耳の病気は、基本的に内耳や神経部分、伝音器で起こる耳の病気において発生する難聴が該当することになります。
内耳炎やメニエール病、突発性難聴などがそれにあたります。

【感音性難聴を来たす病気】
突発性難聴
内耳炎
メニエール病
聴神経腫瘍

感音性難聴は治療が不可能と言われるほど、現在でも明確な治療法は確立されていません。対症療法として補聴器の使用がありますが、そもそも神経などに異常があって音を感じることが困難な状態では、補聴器の使用によって聴力が回復することも望めないケースが多く見られます。


⇒ 伝音性難聴

⇒ 混合性難聴

⇒ 老人性難聴

⇒ 突発性難聴

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved