【耳の病気.com】〜航空性中耳炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは耳の痛みが主な症状の耳の病気、航空性中耳炎について詳しく説明していきます。

航空性中耳炎とは、気圧の急激な変化によって耳管が狭窄状態になり耳の痛みや耳が詰まった感覚を起こす状態を言います。通常は中耳内の空気圧と外気圧に差はありませんが、高度の違う場所への移動によって中耳内と外気圧のバランスが崩れてしまいます。これにより耳管が狭窄されて痛みなどの症状を起こすのです。

航空性中耳炎は航空機以外でも、超高層ビルのエレベーターや高山のドライブなどでも起こることがあります。ほとんどの場合上昇時に症状は見られませんが、下降時に症状が現れるのが特徴です。これには、気圧は高い方から低い方へ引っ張られることが関係しています。上昇時は中耳内の方が気圧が高く、下降時に中耳内の方が気圧が低くなるからです。風船が膨らむ要領と同じです。

航空性中耳炎の症状は、耳痛・耳の閉塞感・耳鳴り・難聴などが挙げられます。症状が著しい場合は耳の痛みは激痛となり、内耳まで影響するとめまいを生じることもあります。

航空下降時の対処法としては、唾を大きく飲み込んだりあくびをしたり、耳抜き(鼻を両方ともつまんだ状態で鼻をかむ)をすることでかなり軽減されます。気圧の変化に伴う耳の痛みの際には一度試してみて下さい。


⇒ 急性中耳炎

⇒ 滲出性中耳炎

⇒ 真珠腫性中耳炎

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved