【耳の病気.com】〜耳管狭窄症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは難聴が主な症状の耳の病気、耳管狭窄症について詳しく説明しています。

中耳腔は耳管で鼻の奥と繋がっています。この耳管には、鼓室内の空気圧を大気圧と同調させる役割や、鼓室内に溜まる分泌物を咽頭に排出する役割があります。これらによって鼓膜に伝わる音の振動を明確に内耳へと伝えられます。

耳管は普段は閉じていますが、あくびや嚥下(物を呑み込む動作)の際に少しだけ開いて、鼓膜の内外の空気の圧力調節を行います。通常こういった動作時には耳管が開いて機能を果たすのですが、耳管狭窄症の場合は耳管が開かずにずっと閉じたままで空気圧の調整機能が上手く働かなくなってしまいます。

耳管狭窄症の原因は、風邪などに伴う上気道炎や副鼻腔炎(蓄膿症)、上咽頭炎などによって耳管の粘膜が腫れることが挙げられます。また、アデノイド肥大や扁桃肥大などによって耳管が圧迫されることも原因となります。

耳管狭窄症の症状は、耳の閉塞感や難聴などが挙げられます。進行すると滲出性中耳炎を起こすこともあります。


⇒ 耳管開放症

⇒ 耳硬化症

⇒ 外耳道閉鎖症

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved