【耳の病気.com】〜真珠腫性中耳炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは耳の痛みが主な症状の耳の病気、真珠腫性中耳炎について詳しく説明していきます。

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜や外耳道の皮膚の一部が袋状に増殖して中耳腔内に侵入し、袋の中に溜まったカスによって周辺の骨組織が破壊されていく病気です。
真珠腫性中耳炎には先天性のものと後天性のものに分かれています。

真珠腫性中耳炎の原因ははっきりと解明されているわけではありませんが、後天性のものの場合、鼓室内の減圧状態が続いたことが原因となるケースと、鼓膜に開いた穴が原因となるケースなどがあります。また滲出性中耳炎が続くことも原因となると言われています。鼻をよくすする人に多く見られます。

真珠腫性中耳炎の症状は、耳痛・耳垂れ・難聴などが挙げられます。耳垂れは、血の混じった血性耳漏や膿の混じった膿性耳漏が見られます。真珠腫が肥大し症状が進行すると徐々に周辺の組織を破壊し、顔面神経麻痺や頭蓋内合併症を引き起こす恐れもあります。
何も処置せず放置を続けていると髄膜炎や脳腫瘍を引き起こし、最悪の場合は命を落とす危険にさらされることもあるので、決して放置できない病気です。


⇒ 急性中耳炎

⇒ 滲出性中耳炎

⇒ 航空性中耳炎

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved