【耳の病気.com】〜突発性難聴〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは難聴が主な症状の耳の病気、突発性難聴について詳しく説明しています。

私たちが音を感じる仕組みは、まず耳介で音波を集め、外耳道で拾った音波を収束し中耳へと伝えます。集められた音波は鼓膜を振動させ、その振動は3つの耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)によって内耳へと送られます。

耳は外耳・中耳・内耳の3つに分けられ、内耳より先は神経部分です。このうち外耳と中耳は音を伝える役割なので伝音器、内耳と神経部分は音を感じる役割なので感音器と呼ばれ区別されます。

突発性難聴とは、片方の耳の聴力が突然低下した状態の事を言います。ほとんどが片側にのみ発症しますが、まれに両側共に聞こえなくなることもあります。原因は不明ですが、ウイルス感染や内耳循環障害などが有力な原因として考えられています。
症状は耳の閉塞感や高音の耳鳴り、めまいや吐き気などが挙げられ、次第に音が聴こえにくくなってきて、最終的には全く聞こえなくなってしまうものです。本来症状は軽いものから重いものへと進行する傾向にありますが、突発的に重い症状が現れることもあり、症状の現れ方には個人差があります。

また、突発性難聴では、聴力の改善と悪化を繰り返すことはありません。聴力の改善と悪化を繰り返すようであれば、メニエール病が疑われます。聴神経腫瘍では突発性難聴が症状として現れることがあります。


⇒ 伝音性難聴

⇒ 感音性難聴

⇒ 混合性難聴

⇒ 老人性難聴

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved