【耳の病気.com】〜耳の役割〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
miminobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは耳について、耳の役割を詳しく説明しています。

耳の役割は大きく2つあります。まず一つが「聴く」ことです。耳が無ければ音を音として正常に認識することが出来ません。では音を聴き取るメカニズムはどのような仕組みなのか、説明していきましょう。
まず空気中に漂う音波を耳介で拾い、外耳道を通る際に収束し音を大きくします。外耳道で大きくなった音波は、鼓膜に当たることで振動を起こさせます。鼓膜が振動することによって、耳小骨からてこの原理で鼓膜の振動を約3倍にして内耳に伝えます。こうして伝わった振動は蝸牛に流れているリンパ液を揺らし、その揺れを有毛細胞がとらえて電気信号に変え蝸牛神経に伝えます。蝸牛神経から脳へと信号が伝わり、こうして私たちは音を音として認識しているのです。音も最終的には電気へと姿を変えるわけですね。

そしてもう一つの役割が「平衡感覚を保つ」ことです。私達が立ったり寝転んだり、歩いたり跳んだりする際に、自身の体のバランスを認識していないと、体は崩れ正常な動きが出来なくなってしまいます。前庭は卵形嚢・球形嚢・三半規管の3つからなり、卵形嚢・球形嚢は耳石系と呼ばれ、直線方向の動きや重力、そして遠心力を司ります。三半規管は回転運動を司ります。これらの信号は前庭神経から脳へと伝わります。

このように耳の役割は聴くことだけでなく、平衡感覚も司っている器官なのです。


⇒ 耳の構造

⇒ 耳の病気の原因

⇒ 耳の病気の症状

sponsored link



【耳の病気.com】TOP

copyright©2014  【耳の病気.com】〜症状・めまい・難聴〜  All Rights Reserved